トップ / 少し変わった観光について

少し変わった観光について

観光に関する用語

観光に関するインターン

観光に関するインターンはたくさんありますが、その中でもテーマパークや宿泊施設に関してはたくさんの職業が集まっており、短期間で様々な仕事を目にすることができます。全部の仕事を覚えるのではなく、自分で向いているものを探したり、実際に内容を眺めることができるため、社会勉強の機会を見つけるために勉強したい人に向いています。観光は人の生活の一部でもありながら、非日常の時を感じる手段でもあるため、人との関わりや言葉遣いなども学ぶことができます。ただ勉強するだけではなく、積み重ねで学ぶことの土台を作ることにもつながります。

研究

観光用語におけるインバウンド

観光用語におけるインバウンドとは、外から入ってくる旅行、つまり外国人が日本にくる旅行をいいます。訪日外国人の増加は、減少が見込まれる国内需要を補完し、外貨の獲得や地域の雇用機会創出にもつながることから、重要な産業となりつつあります。政府においては、国土交通省が2003年にビジット・ジャパン・キャンペーン実施本部を発足し、海外へ向けて広告したり、海外のメディアや旅行会社を日本に招待したりするなど、様々な活動を行っています。これらの活動により、インバウンドは拡大してきており、2013年には、訪日外国人が1千万人を超えています。政府はさらなる観光立国の推進をはかるべく、2020年までに、訪日外国人が年間2千万人となるように目標を定めています。

↑PAGE TOP